忍者ブログ

趣くままに綴るBlog

急にマメに更新したと思えば 何も書かない時期もある、軽い気持ちで綴るBlog

GWとベタ治療

これといって旅行もせずに近場で遊んでいます。
明日(5月5日)は同世代カラオケ会に参加予定。
明後日(5月6日)は宇宙刑事シャリバンの渡洋史さんがご出演の舞台「ライ」を観劇。
そして今日これからは息子と川崎へGO。


=======

闘魚の異名を持つベタさんが
エロモナス菌によるポップアイ、食欲不振で殆ど動けなくなってしまったのが二週間前。
この菌は淡水の常在菌で、健康な個体ならこの菌に悪戯されるような事はないんだけれど、
喧嘩で傷口が出来た、ストレスを受けた、などなど
どこか弱った個体が様々な要因で感染してしまうことが。

とても完治が難しい病気で致死率も高い。
発見した翌日には★になっているパターンも多い・・・

グリーンFゴールド顆粒を投入してから14日、
まだベタちゃんは生きている。生きているというか、死んでないという方が正しいか・・
横たわったまま水面を漂っているだけなので。
眼球も突出したまま濁ってしまっているので。
これは奇跡的に病気が治っても元通りにはならないだろうな(´Д⊂ヽ

健康な個体も感染しているかもしれないと、予防のために水槽全体に薬を入れているけれど、
さすがに薬浴はもう身体に負担がかかり過ぎるだろうと、昨日から半分を真水にして
塩水浴に切り替えた。

このエロモナス菌、実は人間にも感染し、魚よりも劇症化する。
致死率も高い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

非運動性エロモナス菌の場合は生存できる温度の範囲が狭く
飼育水を26度~27度に保ってあげればほとんど繁殖することはない。

しかし、運動性エロモナス菌は4℃~40℃まで耐えられる恐ろしいヤツである。
風呂の温度でも生きられるので、
当然<゜)))彡の飼育水の温度を上げたところで、先に魚が★になってしまう・・

よって、5%の塩水で対抗。
エロモナス菌が生存できるのは4%まで。

この微妙なラインが生死を分けるというね。
なんかミツバチVSスズメバチを思い出すね(´・ω・`)

全くフードが食べられない状態なので、栄養剤を溶かしながらの闘病生活。
1粒でも食べられる傾向が見られればいいんだけどな・・・まだ難しいね。









拍手

PR

コメント

プロフィール

HN:
佐藤 麻子
Webサイト:
性別:
女性
職業:
声優(所属:81Produce)
趣味:
旅行・鳥と戯れる・魚鑑賞
自己紹介:
空手初段(松濤館流)
英検準一級

衝動的に旅に出たり、DIYで棚作ったり塗装したり。
シルバー文鳥とブルー文鳥、
グッピーを飼育中。

ボイスドラマ「翼の記憶」公開中
サイトにて再生・無料DL出来ます。

2015年12月4日以前の日記は
にっきなんですよ

twitter @asako1219sato

P R