忍者ブログ

趣くままに綴るBlog

急にマメに更新したと思えば 何も書かない時期もある、軽い気持ちで綴るBlog

癒しとご縁と・・・

昨年、実家の猫が急逝してから
ずっと玄関に置きっぱなしになっている猫トイレ。

12月に大掃除にいった際に片付けるかどうか迷って尋ねたところ、
もうちょっと(母のために)とっておいてあげて、と父が言った。


寂しいのは確かなんだろう。

前の子の思い出で癒されるのなら良いけれど、
残念ながらそんなに都合よく人間は出来てないんだよね・・・


先のことを考えると、軽率に新しい子を迎えることも出来ないんだろう。


「猫助け」という名目ならば、お迎え出来るんだろうか?

そんなことを考えて、里親募集型の猫カフェへ。
自宅から車で5分足らずの線路沿い。
ずっと気になっていたので、息子と一緒に足を運んでみた。



カフェというと語弊があるかな。
1時間¥1000でペットボトル飲料一本付き。

施設内には20匹近くの猫がいた。
飼い主の手に負えず(やんちゃすぎて)引き取って来たという、生後1年のアメショーも居た。
母ちゃんアメショー好きだけど・・・
大人しい子じゃないときっと持て余すだろうなぁ・・・
それでもお話聞いてみようかなと店主に聞いてみたところ、
どうやら東京都の条例で、60代より高齢だと飼い主としては認定が難しいらしい。

シビアな話、人間と猫、どっちが先に逝くかって話だろうね。

猫が残されてしまう可能性を出来るだけ抑えたいなら、確かにそれは仕方がない・・・

写真の子は穏やかで人懐っこいから、父母も気に入ると思ったんだけど。

昨年まで飼っていた猫は、
私が仕事に向かう時に出会った野良アメショーだった。
ガリガリに痩せて、健康状態も良くなかった。
帰りに寄るからと言って、一時的に預かって頂いたお宅に、
仕事先から何度も電話を入れたっけ。洋画の収録だっただろうか・・?

拾った翌日に降雪があり、あの日保護しなければ死んでただろう。
そうだ思い出した、今くらいの時期だった。

二か月くらい元の飼い主を探したけれど見つからず、両親に飼って貰ったのだ。
こんな風に、またレスキュー的な出会いがあれば
両親も「これもご縁だから」と受け入れてくれるんだろうけどな・・・


拍手

PR

コメント

プロフィール

HN:
佐藤 麻子
Webサイト:
性別:
女性
職業:
声優(所属:81Produce)
趣味:
旅行・鳥と戯れる・魚鑑賞
自己紹介:
空手初段(松濤館流)
英検準一級

衝動的に旅に出たり、DIYで棚作ったり塗装したり。
ブルー文鳥1羽、キンカチョウ3羽、
グッピー、アカヒレ、カージナルテトラ、ネオンテトラ、ベタ、ミナミヌマエビを飼育中。 

ボイスドラマ「翼の記憶」公開中
サイトにて再生・無料DL出来ます。

2015年12月4日以前の日記は
にっきなんですよ

twitter @asako1219sato

P R